紬の着物・歴史と魅力

紬の着物とは、糸の段階で色々な色に染め、その糸を組み合わせながら織り上げて行く「先染め」の布から仕立てられた着物を指します。紬は日本の伝統の織物と言えますが、現代ではその織りの精巧さと素朴さ、温かく独特な風合いが見直され、紬の着物のファンが急増しています。

衣服への規制が厳しかった江戸時代の頃、紬は絹でありながら絹に見えない質素なものであったため、農民や町民にも着用が許された唯一の絹織物でした。特に養蚕地では正繭を出荷し、残った玉繭やくず繭を利用して手機で糸を紡ぎ、日常着や野良着として織り上げていましたが、それが紬の着物だったのです。その後も昭和初期の頃まで、農村では多くの家に糸車や機織り機があり、家族の着るものを織っていました。

このように、紬の着物はもともと日常着や野良着として着用されていたため、非常に丈夫で耐久性にすぐれ、親子何代にも渡って着ることができるという特徴があります。一般に柄はあまり派手なものではありませんが、着物全体に渋い光沢と何とも言えない趣があり、着込んでいくうちに体になじんで来るという魅力があります。

紬は、各地方により染め方や織り方が微妙に異なり、各産地の名前がつけられています。特に「大島紬」「結城紬」「牛首紬」は三大紬として良く知られています。しかし、いずれも殆ど全ての工程が手作業で行われ、非常に手間がかかり、また現代では後継者も減少しているため、希少な高級品となっています。


紬の種類

大島紬
鹿児島県奄美大島と鹿児島市で生産されている紬で、泥大島・藍大島・藍泥大島・色大島・白大島などの種類があります。無数の絣の柄が手作業で丹念に織り込まれた大島紬は「絣の宝石」とも呼ばれ、紬の中でも最高級品として扱われています。

結城紬
茨城県結城市と栃木県の一部で生産されている結城紬は、丈夫な上に着込むほどに体になじんで来るという特徴があります。また、わが国最古の歴史を持つ高級絹織物で、平織りと縮み織りがあり、日本文化特有の渋みとあたたかさが魅力となっています。

黄八丈
黄八丈は、東京都伊豆諸島の八丈島で生産される紬で、黄八丈大島とも呼ばれていました。縞や格子の模様に織られたものが多く、紬の中では特に色彩が鮮やかで明るく、モダンな雰囲気があるのが特徴であり魅力です。

牛首紬
石川県白峰村(旧牛首村)で生産される紬です。中繭からたて糸を、玉繭からよこ糸を共に直接手で引きながら織っているため、釘に生地が引っかかっても生地が破れるより釘のほうが抜けるほど強靭なため、「釘抜き紬」の異名があります。

信州紬
長野県全域で生産される絹織物の総称で、地域により上田紬、飯田紬、伊那紬、松本紬、山繭紬などと呼ばれています。信州紬は、草木染による素朴な色合いと、縞、格子、絣、無地など多種多様な柄が特徴です。

郡上紬
岐阜県郡上市八幡町で織られている紬です。国産の春まゆだけを使って織り上げられ、天然の植物で染めた渋味と深みのある色合いが特徴です。もともと農家の普段着として織られていましたが、工芸家の宗広力三氏(むねひろりきぞう)により再興され、現在に至っています。

塩沢紬
新潟県塩沢町で生産されている紬です。たて糸とよこ糸ごとに糸を練り合わせて織られ、柔らかくしゃりっとした独特の風合いがあり、蚊絣(かがすり)・十字絣(じゅうじがすり)・亀甲絣(きっこうがすり)などと呼ばれる細かい絣模様が魅力の紬です。

長井紬
山形県の長井地方で織られている平織の絹織物です。よこ糸に生糸、たて糸に紬糸または玉糸を使用した平織りの横絣で銘仙よりも一格上とされています。色調は素朴で味わいのある紺や鼠、茶などが多く、古典的で大き目の柄が特徴の紬です。


日本ゴールドディスク大賞 inserted by FC2 system