HOME > 郡上紬

郡上紬は、岐阜県郡上市八幡町で織られている紬です。国産の春繭だけを使って織り上げられ、天然の植物で染めた渋味と深みのある色合いが特徴です。もともと農家の普段着として織られていましたが、工芸家の宗広力三氏(むねひろりきぞう)により再興され、現在に至っています。

郡上紬の歴史

郡上八幡地方では、昔からくず繭から自家用の紬が盛んに織られていましたが、平家の落人が住み着いて野蚕糸をつむぎ、草や木を煎じて染めたのが郡上紬の前身と言われています。
郡上紬は、明治以降には衰退の一途をたどりますが、戦後、地域に根ざした技術の振興を目的に、八幡町出身の工芸家・宗広力三氏(むねひろりきぞう)により再興されました。
宗広力三氏は、1952年に開拓農場内に「郡上郷土芸術研究所」を設立。1958年に「郡上工芸研究所」と名を改め、郡上紬の研究と普及に尽力しました。ここで「どぼんこ染め」や「初がすり」など独自の紬が生み出され、氏の活躍とともに郡上紬の名も広く知られるようになりました。
宗広力三氏は、1982年に紬縞織、絣織で国の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。

郡上紬の魅力

郡上紬は、良質の春繭から取った糸を天然の草木染料にて先染めを行い、高機(たかはた)の手織りで作られる手織紬です。染料液に糸を直接入れる「どぼんこ染め」と言われる独自の染色方法によって染められる糸は、柔らかなグラデーションのある模様や、柄を表現することができます。
縞や格子を織り出す「縞織り」や、染めた糸で絣模様を出していく「絣織り」、さらにそれらを組み合わせた幾何学模様やぼかし模様など、自由自在な表現ができる郡上紬は織物と言うよりむしろ「工芸品」とさえ言われています。
斬新でありながら、草木染の素朴な色合いと光沢を持ち合わせている郡上紬は、ふっくらとして暖かく、着れば着るほど肌になじんでくるのが魅力です。

郡上紬の通販情報

群上紬の着物は、ヤフーショッピングや楽天市場より購入することができます。
ご購入の際は、クリック先のショップにて、在庫や送料、保証書、返品交換の有無、お仕立て代や納期、お支払い方法などを良くご確認の上、購入手続きをお取りください。


ヤフーショッピングをご利用の方はこちら
  >>群上紬(ヤフーショッピング)


楽天市場をご利用の方はこちら
  >>郡上紬(楽天市場)






日本ゴールドディスク大賞 inserted by FC2 system