HOME > 長井紬

長井紬は、山形県の長井地方で織られている平織の絹織物です。よこ糸に生糸、たて糸に紬糸または玉糸を使用した平織りの横絣で銘仙よりも一格上とされています。色調は素朴で味わいのある紺や鼠、茶などが多く、古典的で大き目の柄が特徴です。

長井紬の歴史

山形県の長井地方では、、もともと農家の副業として織物が作られていました。
江戸時代には、米沢藩の藩主・上杉鷹山が下級武士の家内職として織物を奨励し、越後、仙台から技術者を招いて紬の改良に力をそそぎました。同時に、江戸、京都、大阪方面への販路を確立したため、長井紬は飛躍的に発展しました。
当時は米沢に近いことから、米琉(米沢紬)の名で販売されていましたが、明治からは「長井紬」と名称を改めました。長井紬は、一時、大島紬の影響を受けて鳶茶色系の大島調小絣が織られましたが、現在は紺絣や白絣などさまざまな柄が織られています。

長井紬の魅力

長井紬は、絣の産地としては最北に位置していますが、八丁撚糸を用いた独特の糸づかいで独自の風合を産み出しています。
よこ糸に生糸、たて糸に紬糸または玉糸を使用して絣柄が織られますが、琉球産の織物から影響を受けた古典的で大き目の柄が特徴です。
色は、素朴で味わいのある紺や鼠、茶などが多くなっています。

長井紬の通販情報

●の着物は、ヤフーショッピングや楽天市場より購入することができます。
ご購入の際は、クリック先のショップにて、在庫や送料、保証書、返品交換の有無、お仕立て代や納期、お支払い方法などを良くご確認の上、購入手続きをお取りください。


ヤフーショッピングをご利用の方はこちら
  >>長井紬(ヤフーショッピング)


楽天市場をご利用の方はこちら
  >>長井紬(楽天市場)





日本ゴールドディスク大賞 inserted by FC2 system