HOME > 大島紬

大島紬は、鹿児島県奄美大島と鹿児島市で生産されている紬で、泥大島・藍大島・藍泥大島・色大島・白大島などの種類があります。紬の中でも大島紬は豪華さがあり、高級品として扱われています。

大島紬の歴史

大島紬の起源は諸説ありますが、奄美大島では奈良朝(西暦710〜793年)以前から、手紡ぎ糸で褐色紬がつくられていたことが伝えられています。また、大島紬の絣の源流はインドネシアの「イカット」と言われています。
江戸時代初期には、真綿からつむいだ手紬糸をテーチ木の煎じ液で染め、イザリ機と呼ばれる織り機を使って織っていました。
明治時代には、泥染めの渋い絣紋様が人気となり、鹿児島や大阪方面へ出荷され急速に発展しました。その後もさまざまな技術革新が行われ、品質が向上するとともに生産能率も格段に進歩しました。
第二次世界大戦時には一時壊滅的な状況に陥りましたが、戦後に急速に復興し、大島紬のファンも増え、現在に至っています。

大島紬の魅力

大島紬の魅力は、何と言っても泥染め染色による深みのある色と、精巧緻密な絣(かすり)の柄にあると言えます。
伝統的な車輪梅(シャリンバイ・テーチ木)を使用し、奄美でも限られた所にしかないと言われる泥田で染められた黒い色は、大島紬独特の深みと気品があります。
また、大島紬の柄はすべて絣(かすり)で表現されていますが、反物1反の柄には二百数十万個以上の十ノ字絣が手作業で織り込まれていることから「絣の宝石」とも呼ばれています。
大島紬には、車輪梅(シャリンバイ)で染色した泥大島・藍大島・藍泥大島、化学染料を使用した色大島、地色を染めずに白のまま使用した白大島などの種類がありますが、いずれも非常に手間がかかり、高級品として扱われています。

大島紬の通販情報

大島紬の着物は、ヤフーショッピングや楽天市場より購入することができます。
ご購入の際は、クリック先のショップにて、在庫や送料、保証書、返品交換の有無、お仕立て代や納期、お支払い方法などを良くご確認の上、購入手続きをお取りください。


ヤフーショッピングをご利用の方はこちら
  >>大島紬(ヤフーショッピング)


楽天市場をご利用の方はこちら
  >>大島紬(楽天市場)




日本ゴールドディスク大賞 inserted by FC2 system