HOME > 信州紬

信州紬は、長野県全域で生産される絹織物の総称で、地域により上田紬、飯田紬、伊那紬、松本紬、山繭紬などと呼ばれています。信州紬は、草木染による素朴な色合いと、縞、格子、絣、無地など多種多様な柄が特徴です。

信州紬の歴史

信州紬(しんしゅうつむぎ)の起源は、奈良時代に織られていた「あしぎぬ」であると言われています。信州は昔から養蚕が盛んであり「蚕の国」「絹の国」などと呼ばれていましたが、野山には草木染の原料となる植物も豊富にあったことから、各地で絹織物が生産されるようになりました。
江戸時代初期には、各藩の産業政策として養蚕が奨励されたため、信州全域が紬の織物産地として栄え、1750年(寛延3年)から明治時代に至るまでは、毎年京都へ大量の紬が出荷されていました。
その後、紬の生産は次第に下火になり、昭和の中期までは細々と技術伝承のみが行われて来ました。しかし、戦後、県や市町村が絹織物の復興に力を注いだため、県下全域で再び生産が活発に行われるようになるとともに、全国にもその名が知られるようになり、現在に至っています。
信州紬は、1975年に、経済産業省(当時の通商産業省)から伝統的工芸品として指定されています。

信州紬の魅力

信州紬には、生産される地域により上田紬、飯田紬、伊那紬、松本紬、山繭紬などがありますが、産地ごとに豊かな個性と独特の風合いがあります。
糸は、身近に自生する植物を使った草木染を活用し、たくさんの種類の色糸が作られます。柄も縞柄、格子柄、かすり柄、混成柄、無地など多種多様で、たくさんの色糸が織り込まれ、素朴で温かい風合いを醸し出しています。また、他の産地にはない山繭を使用したものもあります。

信州紬の通販情報

信州紬の着物は、ヤフーショッピングや楽天市場より購入することができます。
ご購入の際は、クリック先のショップにて、在庫や送料、保証書、返品交換の有無、お仕立て代や納期、お支払い方法などを良くご確認の上、購入手続きをお取りください。


ヤフーショッピングをご利用の方はこちら
  >>信州紬(ヤフーショッピング)


楽天市場をご利用の方はこちら
  >>信州紬(楽天市場)





日本ゴールドディスク大賞 inserted by FC2 system