HOME > 塩沢紬

塩沢紬は、新潟県塩沢町で生産されている紬です。たて糸とよこ糸ごとに糸を練り合わせて織られ、柔らかくしゃりっとした独特の風合いがあり、蚊絣(かがすり)・十字絣(じゅうじがすり)・亀甲絣(きっこうがすり)などと呼ばれる細かい絣模様が特徴の紬です。

塩沢紬の歴史

塩沢紬の起源は、奈良時代に織られていた麻織物であると言われています。この麻織物は「越後上布」と呼ばれ、日本では最も歴史が古いと称され、国の重要無形文化財に指定されています。
塩沢紬は、この「越後上布」の伝統技術を絹織物に取り入れた織物で、江戸時代(18世紀)に織られ始めました。現在、「塩沢」と呼ばれる織物には「越後上布」「本塩沢」「塩沢紬」「夏塩沢」などの種類がありますが、いずれの織物も生産数は少なく、高価な希少品となっています。
塩沢紬は、1975年(昭和50年)に、経済産業大臣指定伝統的工芸品となりました。

塩沢紬の魅力

塩沢紬は、麻織物の「越後上布」の伝統技術が取り入れられ、たて糸に生糸・玉糸、よこ糸に真綿手紡糸を使用し、手くくり、手摺り込みによる絣糸を練り合わせながら織られます。
蚊絣(かがすり)・十字絣(じゅうじがすり)・亀甲絣(きっこうがすり)などと呼ばれる細かい絣模様が特色で、色は上品で落ち着いた色合いとなっています。また、塩沢紬は、その他の紬に比べて柔らかくしゃりっとした独特の風合いがあります。

塩沢紬の通販情報

塩沢紬の着物は、ヤフーショッピングや楽天市場より購入することができます。
ご購入の際は、クリック先のショップにて、在庫や送料、保証書、返品交換の有無、お仕立て代や納期、お支払い方法などを良くご確認の上、購入手続きをお取りください。


ヤフーショッピングをご利用の方はこちら
  >>塩沢紬(ヤフーショッピング)


楽天市場をご利用の方はこちら
  >>塩沢紬(楽天市場)





日本ゴールドディスク大賞 inserted by FC2 system