HOME > 牛首紬

牛首紬は、石川県白峰村(旧牛首村)で産出する紬です。中繭からたて糸を、玉繭からよこ糸を共に直接手で引きながら織っているため、非常に強靭で釘を抜けるほど丈夫なことから「釘抜き紬」の異名があります。

牛首紬の歴史

牛首紬という名は、生産地である石川県白峰村が、明治初期まで牛首村と称されていたことに由来しています。この牛首村で紬が織られるようになったのは、1159年の平治の乱で破れた源氏の落ち武者が、機織の技術を持ち込んだのが始まりとされています。
牛首紬は、江戸時代には全国に出回るようになり、明治時代から昭和時代初期にかけて発達して行きます。しかし、第二次世界大戦語は徐々に縮小し、昭和25年には本格的な紬の生産は姿を消してしまいました。
そんな中でも、伝統の技術は保持され、昭和38年に西山鉄之助が桑畑の造成を始めて養蚕を開始し、牛首紬を再興しました。
現在、牛首紬は高級品として再び全国に出回るようになりました。

牛首紬の魅力

牛首紬が生まれた石川県白峰村(牛首村)は、霊峰白山のふもとに位置する全国でも有数の豪雪地帯です。しかし、古くから養蚕業がさかんで、長い冬の間、女達は糸をつむぎ、機を織って生活を支えていました。
牛首紬の原料となる蚕の繭は「玉繭(たままゆ)」というもので、二頭の蚕が不規則に糸を吐いて作ったものです。二本の糸が複雑に絡み合っているため、製糸は難しいとされていますが、牛首村では先祖伝来の方法でこの玉繭からよこ糸を取り、通常の繭から紡いだ糸をたて糸として織り上げます。これが牛首紬ですが、丈夫で軽く、独特の光沢があります。
牛首紬は、釘に生地が引っかかっても生地が破れるより、釘のほうが抜けてしまったと言われるほど丈夫なため、「釘抜き紬」の異名があります。

牛首紬の通販情報

牛首紬の着物は、ヤフーショッピングや楽天市場より購入することができます。
ご購入の際は、クリック先のショップにて、在庫や送料、保証書、返品交換の有無、お仕立て代や納期、お支払い方法などを良くご確認の上、購入手続きをお取りください。


ヤフーショッピングをご利用の方はこちら
  >>牛首紬(ヤフーショッピング)


楽天市場をご利用の方はこちら
  >>牛首紬 (楽天市場)





日本ゴールドディスク大賞 inserted by FC2 system